現在位置 :トップページ請願の詳細情報 › 「介護報酬のプラス改定を求める意見書」を国に提出することを求める陳情

請願の詳細情報表示

第96号 「介護報酬のプラス改定を求める意見書」を国に提出することを求める陳情

受理年月日 平成29年8月31日 受理番号 第96号
委員会付託日 平成29年9月26日 付託委員会 福祉健康委員会
議決年月日 議決結果 継続審査
処理経過・結果(PDF)
紹介議員   ─
  「介護報酬のプラス改定を求める意見書」を国に提出することを求める陳情

「介護報酬のプラス改定を求める意見書」を国に提出することを求める陳情
(福祉健康委員会付託)
受 理 番号 第96 号 受理年月日 平成29年8月31日
付託年月日 平成29年9月26日
陳 情 者 ・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
陳 情 原文 日頃から、区民の暮らしと生活を守るために奮闘されていることに敬
意を表します。また、私どもの活動に対するご協力に感謝いたします。
早速ですが、2015年4月の介護報酬改定では、介護職員処遇改善加算を取得
してもマイナス2.27%の改定のために、多くの介護事業所は収入が減少し、経
営が悪化しています。また、介護の人材不足も深刻な状況になっています。
こうした状況にも関わらず、報道によると2018年4月の介護報酬改定では、
生活支援を中心にマイナス改定になると言われています。
もし、報道されているように介護報酬がマイナス改定となった場合、介護事業所
の経営はさらに悪化し、利用者により良い介護サービスを提供することはできなく
なり、介護従事者の処遇改善を図ることは困難な事態になります。
介護事業所が安定して事業を継続し、利用者に安心安全な介護サービスを提供し、
介護従事者の労働環境を改善するためには、介護報酬のプラス改定が必要です。
そのために、貴議会として2018年4月の介護報酬改定に関して、下記の項目
を国に意見書として提出するよう陳情いたします。

「2018年4月の介護報酬改定において、介護事業所が安定して経営が継続で
き、利用者により良い介護サービスを提供し、介護従事者の労働環境を改善できる
介護報酬に改定することを求める意見書」を国に提出してください。
Copyright(c) 2004- 江戸川区議会公式サイト Edogawa City Council. All Rights Reserved.